家主からも支持されるリペア業者

大家さんにとっては、現在管理物件に住んでいる人にはキレイに住んでほしいという気持ちがあると思いますが、数年間住んでもらうと入居時の状態を維持してもらうことは困難で、退去時にチェックをしてみてもあちこちにダメージがあることに気付かれることと思います。

当然、入居者の方が残した部屋の中のキズや凹みに関しては、入居者の方の負担で修復してもらわなければなりません。
ただし、そこでトラブルになることも少なくはないようです。
内装工事の費用やそもそもの費用の請求自体が不当である、などで入居者の方とのやりとりが大変、ということがあるようです。それは、敷金トラブルとも呼ばれます。

そういった大家さんはリペア専門業者へ業務委託し、リペアのプロとして、入居以降に残したキズやへこみを元に納得のいく説明を代行してもらうことも増えているようです。それによって敷金のマイナス部分を値切られたりすることもなく、適切な価格にて清算してもらうことが可能になるようです。

また、退去されたあとはそのまま補修も行ってもらい、原状回復もしてくれますので、一石二鳥です。これらの業務をスムーズに行うことによって次の入居者を募集するまでの流れも早くなるので、入居フローが縮まり、収益の増加にも繋がります。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) リフォームするよりも手軽な住まいのリペア All Rights Reserved.