リペアとリフォームの違いとは

住宅の中にできたちょっとしたキズや凹みはリペアで補修することができます。リペアすることで傷んでしまったパーツが新品同様に生まれ変わります。こうしたキズや凹みの補修というと、リフォームを連想する方もいらっしゃるかもしれません。リペアとリフォームは似ていますが、内容はまったくもって異なります。そんなリペアとリフォームの違いについてまとめてみたいと思います。

まず、リフォームですが、既存のパーツと交換して新しいものと差し替える手段です。まったく新しくなるので、見た目にもリフレッシュされますが、全面的に張り替えが必要で、場合によってはその周囲のパーツまでもが取り替えの対象になるので、コストが高くなってしまうというネックポイントがあります。

リペアというのはキズや凹みなどのダメージを受けてしまったものを修繕する手法です。あくまで現物をベースに技術を持って直しますので、コストがかからなくて、エコロジーです。

リサイクルショップや古本屋など、リユースを目的としたお店がありますが、これらと同じように、まったく新しいものというよりも既存の部品を大切にしてキズや凹みの修繕をすることで、今までよりも住まいにも愛着が沸くことでしょう。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) リフォームするよりも手軽な住まいのリペア All Rights Reserved.