リフォーム?リペア?判断の基準

住んでいる家の中に、どこかしらキズや凹みなど、ダメージができてしまった時にはなんとかしたいと思うことでしょう。
住まいの修理・修繕というと、リフォーム工事をイメージするかもしれませんが、住まいを補修(リペア)するという考え方もあります。

リフォーム工事に比べてリペアはそこまで一般的に知られていないので、何かあったらリフォームしなきゃと思う方も多いでしょうが、ちょっとしたダメージなら部分的なリペアでなんとかなってしまいます。

リフォーム工事はあくまで交換作業をベースとした増築工事、改築工事ですので、新しく何かを作り出そうした場合や建築素材を変えて回収をするのであれば最適な工事です。

なのですが、リペアの考え方は今使っている素材をベースに修理・修繕を行います。
ちょっとしたキズや凹みの場合でしたら元の素材をリペアすることでカンタンに元の状態に戻ってしまいますので、パーツ交換や大掛かりな工事が必要ない分、リペアの方が少ないコストで済むのです。

フローリング、ステンレス、壁面の変色やキズ、凹みなど、ちょっとしたものならリペアをし、部屋の増築や改築を行うのであればリフォームを選ぶなど用途によって使い分けることをおすすめします。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) リフォームするよりも手軽な住まいのリペア All Rights Reserved.