リフォームするよりも手軽な住まいのリペア TOP > コンテンツ一覧 > 知らないと損する「リペアする」という選択肢

知らないと損する「リペアする」という選択肢

家に住んでいれば次第にあちらこちらにキズやへこみができるものです。
故意的にではなくても、物を引きずればフローリングにキズはできますし、弾みで壁に穴を開けてしまったなどがあります。もしも賃貸マンション、アパートであればキズやへこみが残ってしまったら大変です。すぐにリペアすることをおすすめします。

修理せずにそのままにしてしまうと、いざ部屋を退去しなければならなくなった場合に、キズやへこみの修理費用を支払わねばならないことがあります。賃貸マンションやアパートを契約する時に、ほとんどの場合住んでいる間に残してしまったキズやへこみは、原状回復させなければならないという契約内容が盛り込まれています。ここで問題なのは大家さんがリペアという選択肢を知らなかった場合、ちょっと補修すればいいだけのものもリフォーム屋さんに依頼してしまい、余計に高くついてしまったということが未だにあるのです。

つまりほんの数万円で済んでいた家のダメージが数十万円の工事になってしまい、余計な費用を支払わなくてはならなくなってしまいます。そういったトラブルを避けるためにも、もしも気になるダメージを残してしまった場合は、早い段階でリペアをしておくことが必要です。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) リフォームするよりも手軽な住まいのリペア All Rights Reserved.